FC2ブログ

Top Page.→  スポンサー広告 →  「スポンサーサイト」Top Page.→  心・身体・思想・人生 →  「「ヨウジヤマモト」再生法申請 店舗営業は継続」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨウジヤマモト」再生法申請 店舗営業は継続 

 世界的なファッションデザイナー山本耀司氏のブランドを展開するヨウジヤマモト(東京都品川区、大塚昌平社長)は9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債額は約60億円。投資会社インテグラル(千代田区)が支援し、新会社を設立する予定。店舗の営業は続ける。

 「ヨウジヤマモト」や「ワイズ」などのブランドを持ち、全国の百貨店など国内に約60店舗がある。年間売上高はピーク時の120億円から約75億円に落ち込み、欧米への出店などが負担となって資金繰りに行き詰まっていた。4月末に山本氏が代表取締役を辞任。7月末には取引先に支払いの猶予を求める文書を送り、再建に向けスポンサー探しを続けていた。

 山本氏は黒を基調とした革新的かつ優雅な作風で知られ、81年にはパリ・コレクションにデビュー、川久保玲氏の「コムデギャルソン」とともに、欧米のファッション界に衝撃を与えた。

 パリ・コレのショーで新作を披露した後に帰国した山本氏は、縫製関係の零細企業も多い取引先にわびた上で、「経営を人に任せた責任を感じている。日本のファッション文化が世界に負けないよう、やり続けるのが私の責務であり宿命。ぶっ倒れるまで服を作り続けるつもりだ」と語った。抜粋


ぶっ倒れるまでやらなくても…



にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。